iphoneアプリの特徴とアプリ開発の正しい進め方

IOSで動作するiphoneアプリ!アプリ開発に必要な人員と技術

iphoneアプリの特徴とアプリ開発の正しい進め方

IT

iphoneアプリの特徴について

iphoneアプリは、iphone上で動くアプリのことで、iOS上で動作することを特徴としています。アプリのダウンロードは、アップルススとアーから行いますが、アップルストアーにアプリを登録する際にはアップル社による厳しい審査がありますので、ウイルスなどの混入が無く安心して使用できるアプリであることが特徴です。

アプリ開発をするのに必要なもの

iphoneのアプリ開発を行うには、最初にパソコンが必要です。アップル社のパソコンが望ましいです。次に開発環境を整える必要があり、Xcodeという開発ツールを入手します。Xcodeは、アップルストアーから無料でダウンロードすることが可能です。アプリ開発にはプログラミングが必要ですが、言語としては、SwiftやObjective-Cとなりますので、これらの言語のマニュアルや参考書が必要となります。

アプリ開発のやり方

最初にアプリの仕様を考え、それを企画書としてまとめます。その企画が実現できる技術的要素を踏まえて仕様書を作成します。その仕様書にはアプリの画面デザインや動作フローなどをまとめていきます。仕様書が完成したら、Xcodeを利用して、プログラミング作業を進めていきます。また、グラフィックなどが必要であれば、グラフィックツールを使用してグラフィックの作成もあわせて行います。プログラミング作業とグラフィックの実装を完了したらパソコンのエミュレーション画面を使用してデバッグを行い、その後実機のiphoneにインストールして再度デバッグ作業を行います。

アプリ開発は初心者でもできる

iphoneのアプリ開発には、swift言語が使用されることが多いですが、この言語はC言語をベースにRubyやPHPの最新の設計思想を盛り込んでいて、初心者でも習得しやすい言語となっていますので、初心者でもアプリ開発は可能です。