iphoneアプリ開発に必要な費用相場をチェック!

iphoneアプリ開発にかかる費用が高くても選ばれる専門業者

アプリ開発に必要とされる期間について

アプリ開発のためにかかる期間はアプリとしての高度さや費やすスタッフの人数にもよります。一般的には三ヶ月から半年で開発が行われることが多いものの、壮大なプロジェクトの場合には一年程度の期間が必要なことも少なくありません。

個人でアプリ開発をする場合と業者へ依頼する場合の違い

開発に費やす人数の違い

個人でアプリ開発を行うと基本的には従事する人間が一人だけです。しかし、業者に依頼するとアプリの内容と納期に応じて多くの人材を投入することができ、各方面の専門家が集まっているので完成度も高くなります。

制作にかかる費用と時間

個人での開発と業者に依頼して行う開発での大きな違いは費用と時間です。個人では費用はあまりかからない代わりに時間は長くなって年単位になることもありますが、業者に依頼すると費用はかかる代わりに早期に開発を終えられます。

iphoneアプリ開発に必要な費用相場をチェック!

アプリケーション

アプリ開発業者が行なっているサービス内容

アプリ開発業者では一般的にアフターフォローまで行っています。ただ開発を行って納品するだけでなく、依頼をすればアプリの運用も依頼することが可能です。開発を行ったエンジニアが運用を担当してくれると効率が高くなるため有用なサービスとして人気があります。また、スポット的にアプリのバージョンアップへの対応をする業者も少なくありません。

iphoneのアプリ開発にかかる費用

業者に依頼した場合にはiphoneのアプリ開発にかかる費用はおよそ300万円から1000万円です。相場として一ヶ月あたりの開発費用が100万円から150万円になっているので、三ヶ月で完了することができれば300万円少々で済みます。しかし、それ以外に素材の提供も必要になると価格が上乗せになって1000万円程度になることもあるのです。

業者への依頼方法

アプリ開発を業者に依頼するときの一般的な方法はメールやウェブフォームでの連絡です。その連絡に対して返答があり、具体的な内容の打ち合わせをするためにミーティングをする日時を設定します。そして、その打ち合わせで開発したいアプリについて説明を行い、仕様を提案してもらって納得できたら正式に依頼するのが基本的な流れです。