アプリ開発を進めていく上で役立つ情報をご紹介

アプリ開発の魅力とは?

iphoneなどのアプリ開発の最大の魅力はオリジナルのアプリが開発できることです。企業であれば自分の会社の業務フローに特化したアプリを開発することで業務効率の改善が見込めます。店舗であれば、SNSと連携させることで効率よく宣伝が行えます。

アプリ開発で知っておきたい知識とプログラム言語の種類

パソコン

アプリにも様々なジャンルや種類がある

アプリ開発にも様々なジャンルがあります。最も普及していてアプリ数も多いのが「ゲーム」です、次いで生活を便利にしてくれる、料理のレシピ集や乗り換え案内アプリなどがあります。また、最も利用されているのはSNS系です。

アプリ開発で求められる知識

アプリ開発で求められる知識としては、スマートフォンにも色々と種類があることを知っておく必要があります。大きく分けると、iphoneとandroidとなりますが、それぞれオペレーティングシステムが異なります。そのため、開発環境も異なってきて、iphoneではXcodeが使用され、androidではAndroid NDKを使用します。プログラミング言語についても、iphoneはSwiftやObjective-Cが使用され、androidではJavaが使用されます。

合わせて読みたいおすすめの記事一覧

IT

iphoneアプリの特徴とアプリ開発の正しい進め方

iphoneアプリ開発は、パソコンさえあれば無料で開発環境をダウンロードができ、プログラミング言語もswiftという初心者向けの言語が利用できますので、初心者でもアプリ開発は可能です。

READ MORE
アプリケーション

iphoneアプリ開発に必要な費用相場をチェック!

アプリは個人で開発することもできますが、業者に依頼すると費用はかかってしまうものの、完成度の高いアプリ開発が可能です。依頼すればその後のアフターフォローまで任せることができるのも魅力となります。

READ MORE
パソコンを操作する人

アプリ開発を委託する制作会社の正しい選び方

アプリ開発を委託するためには自分の開発したいアプリを豊富に開発した実績のある会社を選ぶのが得策です。見積は一括サイトを利用すると便利です。企業を見極めるポイントとしては、実績・提案力・技術力です。

READ MORE

アプリ開発を依頼した人に聞いてみた!依頼してよかったと思うメリットランキング

no.1

予想を超えたアプリが開発できる

アプリ開発を業者に依頼した場合には、専門のグラフィックデザイナーをアサインしてくれたので、とても綺麗なグラフィックでセンスの良い予想を超えたアプリが開発できました。

no.2

新たなアイディアをもらうことができた

アプリ開発時に担当者と打ち合わせをしていく家に、プログラマーの人から新たなアイディアを出してもらうことができたので、自分たちが予想していたよりも画期的なアプリが開発できたと思います。

no.3

本来の業務に集中できる

自分でプログラミングをする必要が無いので、本来のアイディア出しなどの企画業務に専念することができました。また、新しい技術者を雇うコストと比較すると専門業者に依頼した方がコストが安かったです。

no.4

品質の高いアプリが開発できた

初心者の自分たちが開発するよりも、専門会社に開発してもらった方が、バグの無い安定した動作が可能なアプリが開発できました。豊富な設計資産も持っていたため、予想よりも短期間で設計が完了しました。

no.5

アフターサポートが受けられて良かった

アプリリリース後にユーザーからのバグ報告に対する対応や、オペレーティングシステムのバージョンアップに伴う修正などを、業者がサポートしてくれたのでとても助かりました。

専門業者へ依頼する際の流れ

業者を探して打ち合わせをする

iphoneなどのアプリ開発を行っている業者は多数あります。業者の規模も大手の会社から、個人経営の会社まで様々です。ある程度、業者をピックアップして、自分の作りたいアプリについて打ち合わせを行います。優秀な業者であれば、色々な提案をしてくれます。

見積をもらい比較する

見積をもらい比較します。一般的に大手の業者は開発費は高いですが、短納期でしっかりと納期を守ってくれます。個人技上主の場合は技術力は様々ですので自分の目で見極める必要があります。見積は複数業者からもらい、業者の提案力と価格を考慮して委託業者を決定します。

業者を選定し作業依頼書を提出する

業者を選定したら契約となります。実際は、作業依頼書を提出して開発スタートとなります。開発のファーストステップとして、依頼者と業者が一緒になってアプリの動作仕様書を作成します。

開発進捗を確認しながらリリースへ

アプリ開発が始まったら、定期的に開発進捗を確認しながら作業を進めていきます。途中で画面デザインなどの確認作業も入ります。最終的には、社員やモニターなど多くの人にアプリを実際に使ってもらってデバッグ作業を行い、問題が解消されればリリースとなります。

[PR]アプリ開発を専門業者に依頼
最良の製品を提供してくれる

[PR]iphoneのアプリ開発を依頼
無料で一括見積できちゃう☆